読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽、音楽あんど音楽

嵐の黄色、音楽(ロック)、お酒で生かされる日々。

憧れの表現者

 

 

 

文章を書くのがうまい人って単純に羨ましい。

すごく羨ましい。

 

 

今日は一日ある人のコラムをずっと読んでた。

本を紹介しているコラムだった。

 

今までその存在は知っていたものの、なんとなく、本が好きなんだなあぐらいにしか思っていなくて、読んだことはなかった。

 

たまたま別の、昔やってた記事を見つけて読んでみたら、まあびっくりした。

めちゃくちゃ面白かった!

 

失礼なことに、そんな書き方する人だと思ってなかったのでとてもびっくりした。

で、嬉しくなった。

何でって、ちゃんとした人で安心した。笑

 

 

 

 

私が思うこと。

 

 

やっぱり本が好きでたくさん読んでいる人って、とても想像力豊かで、人を惹きつける書き方を知っていて、言葉が豊富で、話の建て方がとてもうまい。

小説家かぶれか、なんて言ったらそれまでかもしれないし、まあそれもいいじゃんって。

 

 

 

なんでさ、そこでさ、そんなに物語がうまれるのさ!!!

って、とても思う。

 

 

そういう人たちってみんな同じように見えて、それぞれにとても個性がある。

 

私には、頭の中を覗いてみたい人が3人いる。

 

1人目。

私の尊敬するFさんはきっと頭の中はファンタジーで溢れていて、いつでも夢のあることを言ってくれる、表現してくれる。

ちなみに私はFさんの感性に心底惚れている。

その才能は本当に羨ましい。

勝手なイメージで申し訳ないけど、きっとこういう人は泥臭くて生きるのがヘタクソ。

考えすぎてダメになってしまう一面が多いような気がする。

でも私はFさんのそういう人間臭いところが好きで好きでたまらない。

いつも一生懸命にごまかさずぶつかってくれる。

というか、ごまかせない部類。でしょうね。

情に熱い、でもとても柔らかい人。

私はこの人の言葉選びが一番好きだ。

いつも綺麗で楽しい言葉を持ってくる。

 

 

 

2人目。

今回初めてコラムを読んで感動したYさん。

なんともまあ、面白い人だなと。

見た目や口ぶりからは全く想像できない。

この人の想像力は無限なんじゃないかと思った。

言葉の使い回しからオチの付け方までしっかりしているから、この人は本当に本が好きで文章を書くのが好きなんだろうなと思った。

私は何の知識も持たないただのミーハーな一般人だけど、この人はすごいなと思った。

本を出してみたらいいのにって思った。

本当に小説を読んでいるようなコラムだった。

あんなふうに文字が書けたらそれだけで人生楽しそう。

今までわからなかったあの人の、少し根本に近づけたようなそんな気がした。

あ、だからそれも嬉しかったんだな。

コラムを読んで、もっと読みたいと思う人は初めてだった。

 

 

 

3人目。

この人はきっと本当に変な人なんだと思う。

かっこいいくせにどこか個性が爆発しすぎているHさん。

1人目にあげたFさんは、いつも少年の心を持ち合わせてるような人だけど、このHさんも負けていない。

特撮大好きな人だ。(この一言でわかる人にはすぐわかってしまう)

だがしかし、ただの特撮好きではない。

本当にこの人の頭の中には何が入っているんだろうっていつも思うような人だ。

そう、本当に変な人だなと思う。

何回でも言う、変な人だ。

実は今挙げた3人みんなそれぞれにバンドのフロントマン。表現者

その中でも抜群に変な曲を作るのがこのHさん。(褒めてる)

感性が独特すぎて全くわからない。

でも激しくも綺麗な曲を書く人だと思う。

この人の頭の中がいつも見てみたいと一番に思う人。

UFOとか、UMAとか、そういうのにロマンを感じていそうな人。

この人はそういう意味での少年ぽさがある。

でも変な色気を持っていて、ステージの上ではここぞとばかりにセクシーさを醸し出すので本当に変な人だ。

 

 

 

 

3人とも個性が溢れ出している素晴らしい人だ。

そして3人とも表現者であり、それぞれに楽しい言葉を書く人。

歌詞だって物語だし小説だよ。

 

 

 

 

だんだん何が言いたいのかわからなくなってきたけど、私が言いたいのは素晴らしい表現力の持ち主は、やっぱりそれなりに表現力を手に入れる活動をしているということ!

本だったり、映画だったり、音楽はもちろん。

 

 

私は昔から感性を磨きたくてたまらない。

他の人が何気なく見過ごすことを、感受性が豊かな人は幾通りにも色んな見方を持って物事を感じて考えられる。

それだけで絶対に人生は楽しい。

せっかく生きているんだから、有限の人生、少しも見逃さずに生きていきたい。

何気なくそれができるようになりたい。

 

 

とりあえず、頭を豊かにするために私は頑張って本を読んでみよう。